スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケープポイントそして喜望峰

ナミビアで出会った人達がレンタカーでケープ半島をまわるというので便乗させてもらった。
南アフリカ(ケープ半島)は道路が整備されているし、運転してくれるキム君(韓国人)も南アフリカに留学していて運転も慣れているので安心できた。
車はまず、野生のペンギンが生息するボルダーズビーチへ向かった。

IMG_0182.jpg
IMG_0199.jpg
ここに生息するのは南アフリカペンギンという種類。
ペンギンってかわいい。短い二本足でペタっと立ってる。でも10分ぐらい見ていると”少しは動けよ!”と言いたくなる。

IMG_0206.jpg
ずーっと何考えているんだろう?
やっぱ空飛びたいよね!?

IMG_0179.jpg
南アフリカはサーフィン天国でもある。
でも年に数回サメがでて、手とか足とか食われるらしい。

IMG_0227.jpg
そしてようやく到着「CAPE POINT」
いや~やっと着きました。アフリカの最南端。
世界の最南端ではないけれど、ひとつの大陸の先っぽまでこうして生きて来れました。
濃かったアフリカ。
見所がはっきりしている南米とはまた違うおもしろさがある。
アフリカは人や生活を見る感じ。
もちろん自然の見所や族めぐり(先住民や部族)も面白いけれど。
僕たちにとってはアフリカ=サバイバルだった。
1ヶ月半の短いアフリカ大陸だったけれど、その間に3回パンク経験したし、ビクトリアの滝でも命懸け、ナミビアでも生死をさ迷うところだった。
無事に「CAPE POINT」に来れてよかった。

IMG_0236.jpg
IMG_0264.jpg
海の向こうには何がある。
自分で見るしかないね!
IMG_0270.jpg
この先の大陸へ向かって飛び立つところ

IMG_0285.jpg
喜望峰(CAPE OF GOOD HOPE)
いい名前の岬ですね。
アフリカ大陸の終わりとしてもこれから北上する出発地としても最適のポイントではないでしょうか。
見ることができなかった場所がいっぱいある。
エチオピアやウガンダの小人族やマウンテンゴリラやタンザニアのキリマンジャロ、ルワンダの負の遺産、モザンビーク、そしてナミビアの砂漠。
挙げればきりが無い。南米も同じ。
世界は広いし、楽しい。
苦しいことや悲しい事もあるけど、それも旅なわけで。
世界中行けないところはない。
行くか、行かないかだ。
やっぱりアフリカは行ってよかった。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。