スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タ・プローム遺跡他

アンコールワット周辺には色々な遺跡がある。
この日はタ・プローム、タ・ケウ、プノン・バケンの3つを訪れた。

タ・プロームに行くにはアンコールワット前を通過する。
アンコールワットが空いている!
昨日と打って変わって人が少ないので外壁など昨日見られなかった部分を先に見学した。
IMG_6078.jpg
墓標とアンコールワット

IMG_6101.jpg
人少なっ!!空いている!!
団体観光客はどこの旅行会社も午前中アンコールトム、午後アンコールワットの予定を組んでいるのでその時間帯をうまくはずせば、人数少ない中ゆっくり見物することができる。

IMG_6107.jpg
アンコールワット見学に来ていた僧侶と。

続いてタ・プロームへ。
ここはベンメリアのように自然が文明を食べちゃった状態の場所だ。
IMG_6203.jpg
毛細血管のような樹の根。すごい。

IMG_6185.jpg
この人も樹に食べられ、長くこの場所にいるのであろう。
とりあえずほっておこう。

IMG_6210.jpg
遺跡を踏みつけんばかりの巨木が乗っている。
よく持ちこたえているなぁと思った。
飲み込まれるのは時間の問題!?

お次はタ・ケウに向かったけどあまり面白くなかったので割愛させていただきます。
昨日見れらなかった夕日を見にプノン・バケンへ。
小高い丘の上に遺跡があり、そこから夕日が拝める。
夕方空は雲に覆われ雨が降ってきたため、下山してくる人もいた。
しかし僕たちは諦めず登り続けた。奇跡を信じて・・・。

そして厚い雲の底から出てきた太陽は空をオレンジ色に染めて大地に帰っていった。
少しの時間だったけど十分だった。

IMG_6296.jpg
IMG_6307.jpg
IMG_6309.jpg
自然を形容する人の言葉は限界がある。
夕焼けは太陽が沈んでから5分か10分ぐらい経った方がきれいだとこの旅で知った。

帰りは二人とも自転車がパンクしていて宿に帰るのに1時間ぐらいかかって大変だった。
何がともあれこの3日間アンコール遺跡を最後のハイライトに無事に見学できてよかった。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。